スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光市母子殺害事件について

今日、山口県光市の母子殺害事件の最高裁の


差し戻し判決が出ました。またしばらく時間は


かかるけれども、今後の死刑判決の可能性が


高くなったかなと最高裁の判断を高評価しました。


私は、7年前にこの事件がおこってからずっと


本村洋さんと同様に腹を立て、泣いてきました。


愛する妻と子供を見知らぬ人に殺され、


強姦されるということを現実として


到底受け入れられるものではありません。


極刑を望むのもあたりまえです。


本村さんの発言は、被害者遺族の心の叫びであり


同じ立場なら私もそう言っていると思います。


加害者は当時未成年であったとか、育った環境が


複雑であったとか、そんなことは関係ない。


犯した罪を反省し、命で償うべきだと私は思います。


何かの本で読みましたが、犯罪者の多くは死刑判決が


下った時に初めて、恐怖感に襲われ、動揺し


死にたくないと命をこうのだそうです。


自分は人を殺めているというのに…。


どこかで自分は死刑にはならないとか、無期懲役で


また出てこれると簡単に思ってるのではないでしょうか。


…本村さんの活動は、精神的にも肉体的にも大変で


お辛いものであると思います。


望んでらっしゃる判決が出ることを心から願います…。



★↓私のブログを応援して下さい。↓ ★  
        
          

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://angelmilin.blog61.fc2.com/tb.php/34-c5d140d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。