スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたら…ハプニング②!

(…①の続きです)


いつでも蜂が外に飛んでいけるように


リビングの窓は全開。床暖房をつけても


家の中は凍えそうに寒い


ウィンドブレーカーを着てフードを被り


かなり怪しい姿の私とパパ




「蜂ってわかったの?」 「縞があった。」


「へたに攻撃すると刺しに来るで。」


「え~!どうしたらいいのよ。」


急いでPCで蜂の退治法を調べてみるが


専門的なのばかりで、家庭での緊急退治法がない。


1つブログで体験談を見つけた。


ハエ・蚊の殺虫剤でも退治できたみたい。


それなら…ゴキブリ退治のジェット噴射


殺虫剤ならさらに効き目がよいのではと


パパに渡す。ちょうどそのころ蜂は


リビングの照明のところにいた。


パパは背が高いので手を伸ばせばかなり


近づいて噴射することができる。チャンス!


「今だったらいけるんじゃない?」


「そうやな」 「がんばって!!」


パパはゆっくりと蜂に近づいていった。


私は部屋の外から見守る


‘シューッ!' 同時に急いで戻ってくる!


様子を見ていた私は、蜂がフラフラっと


サイドボードの方向へ行ったように見えた。


しばらく様子をうかがっていたが…静か。


「死んだのかな?」 「…わからんな。」


「外に出て行った感じはなかったよ。」





とりあえず死骸を確認しないと安心はできない。


怖いけど私も手伝い、蜂探し。


…いない。…いない。


あらゆる所を探したが、結局いなかった。


どこに行ったの?すっきりしない。気になる。


でも時間はすでに12時をまわっていたし


主人は寒気がするといってしんどそう


不完全燃焼だったけど、一応戦いは終了した。




そしてまだまだハプニングは続くもので、


次の日からポンちゃんは下痢・嘔吐・発熱、


私は食欲不振・発熱と大変なことに


(今は二人とも少し治まりましたが…)


金曜日、プリスクールのクリスマス会


あるので、行けるようにがんばろう。



★↓私のブログを応援下さい。クリックお願いします。↓★
       
             
★↑ 子育てブログがいっぱい! ブログ ランキング ↑★

スポンサーサイト
この記事へのコメント
hanuさま。
そうなの、あの蜂は一体なんだったの?って感じです。
真夜中の悪夢v-40としか言いようがありません…。
その後、体調を崩すわでしんどかったです。
私はすっかり元気になりましたが
ポンちゃんがいまひとつv-12…。
みりん | URL | 2006/12/16/Sat 14:02 [EDIT]
退治できたか不明なんですねー
姿がないと、余計不安になりますよね。

ポンちゃん、胃腸風邪でしょうか?
ほんと、今年は流行っていますよねー
お大事にしてくださいね。
hanu | URL | 2006/12/15/Fri 16:35 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://angelmilin.blog61.fc2.com/tb.php/138-bb5ca9c0
-
管理人の承認後に表示されます
2006/12/16/Sat 18:39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。