スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリスクールに決めた理由③「ここが一番!」

(…②の続きです)

見学するとなると保育がある平日の昼間


(どうも私だけでは決められないと思い)


主人に仕事を休んでもらい一緒に行きました。




見学等をしたスクールでは子供達はもちろん


きちんと英語を話していました


こんなに小さいのにすごいなぁと感心。




「ここにしよう。」


と私達の意見が一致したスクールは


子供達がいちばん楽しそうにみえたこと と


先生方の対応がよかったことです。




各学年のクラスを回った時、どのクラスの先生も


子供達に「Hello!Guest!」


私達にあいさつするよう促したのです。


子供達は元気よくごあいさつしてくれました。


そのようにしてくれたのは、このスクールだけで


とても気持ちよく、さわやかな感じを受け


またスクール自体もきれいでした。



(しかも授業料が他より安く、ラッキーでした。)





あともう1つ印象的だったのが


キンダー(幼稚園)の年中さんのクラス。


自分の大好きなおもちゃを家から持ってきて


みんなの前で発表をするという授業です。


自分の意見を伝えるというのは


日本人が不得意な部分ですよね…。


外国ではこのようなことを幼稚園から


しているのかなぁ~と思いました。




スクールには(私を含め)近隣の市の人も


結構いて、車で片道1時間かかる人や


高速道路を使って来ている人も…。


うちは車20~25分くらいかかります。




「英語のスクール」と聞くと一見


早期幼児教育と思われそうですが、


決して勉強をしに行っているのではなく、


私達がいつの間にか日本語を話せていたように


自然に生活の中に英語が溶け込んでいたら、


「英語耳になってくれたら…と思っています。




入園から半年が過ぎましたが、ポンちゃんは


一度も嫌がることなく楽しく通ってくれています。


良い先生に恵まれ、お友達もできました


集団生活の大切さも学びました。


これらのことは本当に喜ばしいことで


大きな成長をありがたく感じています




…長々と書いちゃいましたが①~③と


読んで下さった方ありがとうございました。


少しでもプリスクールやスクール選びの


参考になればうれしく思います。




★↓私のブログを応援して下さい。クリックお願いします。↓★


       ★   私のランキングは何位?   ★
  

             
スポンサーサイト


テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://angelmilin.blog61.fc2.com/tb.php/107-7ab43bf6
-
管理人の承認後に表示されます
2006/12/05/Tue 14:34
-
管理人の承認後に表示されます
2006/12/06/Wed 13:33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。